30代OLの美容&生活雑記

30代OLの美容とその他諸々に関する雑記です

ミルクピールをセルフで試してみた(初)

3万円以上かけたピコトーニングは目に見える効果がなく継続断念。しかし、この汚肌をどうにかしたいと思っている私。本当はブログでも紹介したボタニカルピールをやりたいのですが、なかなかダウンタイムを取れない日々が続いていたので、代わりにダウンタイムが少ないにも関わらず、通常のピーリングよりも高い効果を得られるという“ミルクピール”を試してみました。元々ミルクピールをご存じでこの記事にたどり着いている方が多いと思いますが、一応“ミルクピール”とは何かについても書いておきますね↓

ミルクピール”とは?

ミルクピール(Milk Peel Treatment)は、フランスのDERMACEUTIC社が開発した「グリコール酸」「乳酸」「サリチル酸」を最もよい配合割合で調合したピーリン剤を使用した最新のピーリングトリートメント。3つの酸のそれぞれのメリットを掛け合わせた相乗効果により、古い角質を取り除き肌のターンオーバーを正常化してくれます。

お肌がワーントーンアップしてツヤが出る他、二キビ肌・毛穴の黒ずみの改善、小じわの改善も期待できます。

また、絶妙な調合により、高い効果でありながらリスクを最小限に抑えているため、同等の効果があるピーリングトリートメントよりダウンタイムが短いのが特徴です。 

ミルクピールをセルフで試してみた~購入編~

元々ミルクピールを知ったきっかけは、ピコトーニングを受けたクリニックでのスタッフさんとの会話。スタッフさんはミルクピールではなくボタニカルピール同様に内側から作用する「マッサージピールがすごく良い!」と仰っていたのですが、マッサージピールはクリニックでやると高い上、薬剤が強めなのでセルフでやるリスクも高めらしい。そんな時、ミルクピールとマッサージピールのどちらも試しているブロガーさんが「総合的にミルクピールの方が良い」と感想を書かれていたのを拝見し、ミルクピールの方をセルフで試すことにしました。

 正直言うと、肌を表面的に剥くピーリングはしたくなかったのです。肌自体が活性化自ら剥離を起こすボタニカルピールに出会い、もう、表面から作用するピーリングはしないでおこうと思っていたくらい。

しかし、なかなかダウンタイムが取れない私にとってダウンタイムほぼなしで、お肌のワーントーンアップを期待できるミルクピールはとても魅力的。ミルクピールはクリニックでやると1回6,000~15,000円が相場ということで、1クール5回やろうとするとお安くはないのですが、セルフでやれば1回1,000円程度ということで試してみることにしました!

 こちらが個人輸入代行サイト等でも購入可能なDERMACEUTIC社のミルクピールキット。美容クリニック等で使用されているものと全く同じです。楽天などでも出回っていますが、私は医薬品の通販・個人輸入 | アイドラッグストアーで購入しました。 定期的に〇%引きセールをしていて、なんと私が購入した時は10%引きセール中。17,412円で購入できました。

f:id:ol-ricky:20200216164042j:image 

f:id:ol-ricky:20200216164853j:image

 

定価でも 24回分で2万円程とクリニックでの施術が1回10,000円前後であることを考えるとかなりお安い。ただ、正直送られてきた薬剤の量を見ると、本当に24回分あるのかはなぞ?全顔15回分くらいな気もします。筆やビーカーもしっかりついてきます◎日本語の説明書もあるので、セルフでやっても使用方法に迷うことはないです。 
f:id:ol-ricky:20200216164217j:image

 

 ミルクピールをセルフで試してみた~施術編~

 ここからは、実際に初めて使ってみた感想です。説明書の通り、メイクを落とした後にクレンジング。Foamer15/クレンジング剤を4プッシュ。これで洗顔をします。
f:id:ol-ricky:20200216164346j:image

ピーリング剤よりこちらが24回分もあるのかが疑問。

このクレンジング剤にもピーリング効果があるようで、少しひりひり。その後はいよいよ薬剤を塗っていきます。私の場合ですが、1回目は想像以上に痛みを感じたので…先に注意点を書いておきます。

ミルクピールをセルフで試す場合の注意点
  • 肌の敏感な箇所はワセリンやクリームを塗って保護しておく。
  • 目には絶対に入らないよう注意!

  • すぐに洗顔ができる状態にしておく。刺激が強いと感じたらすぐに洗い流す!

  • 塗る順序は刺激に比較的強い部位から順に。一般的にはTゾーン⇒鼻⇒頬。

私は目の周りを避けて塗りましたが、正直「皮膚の薄いところに触れるとかなり痛みが出るのではないか」と怖くなるくらい刺激は強め。故に、念のため、ピーリング剤が触れてほしくない箇所がある場合は保護しておくのがおススメ。そして、ピーリング剤を洗い流す時はしっかり目を瞑りましょう。少しピーリング剤が残った水が目に入っただけでもかなり痛かったです(*_*;

 

注意点を確認し、準備ができたらいざMilk Peelを塗布!ここで問題になるのは1回2.5mlという使用量;およそ小さ1/2が2.5mlということで、全顔には塗らない私はそれより少な目。これをTゾーン⇒鼻⇒頬の順で塗っていきました。
f:id:ol-ricky:20200216164147j:image

 残念ながら塗った状態で写真を撮る余裕はなし。ケミカルピーリング経験者ですが、くらべものにならないひりひり感。ストップウォッチを押す余裕もなく、60秒おくつもりだったところ自分で40秒くらい数えたところでギブアップ!ミルクピールを洗い流しました。

その後マデカクリームで有名なセンテリアン24のマスクでお肌を鎮静&保湿。The化粧品系のスキンケア用品は刺激になり、肌トラブルになるので、できるだけ肌に刺激がないものでアフターケアをすることをお勧めします。

 

 ミルクピール(セルフ)を試してみた~施術後編~

やたら明るいところで撮影したので汚さ際立つ施術直後の肌がこちら。

f:id:ol-ricky:20200216174442j:image

見ての通り、確かに施術直後からつやつやにはなります。1回目で感動する程の効果はありませんでしたが、普通のケミカルピーリングよりはしっかりツヤ感が出るので満足度は★★★☆☆。肌色がワーントーンアップするには、5回くらい繰り返しが必要かな?という感じです。

そして、短いと言われるダウンタイムについてですが・・・初回については赤みも痛みも強く、施術当日に化粧ができるような状態ではなかったです。特に最初の方に薬剤をつけた鼻はひりひりがかなり強くて痛みは3日程続きました。

さらには、施術後3-4日には鼻の角質が剥離;洗顔中に古い角質がぼろぼろ、スキンケアをした直後は皮剝けが収まるものの、乾燥してくると剥離が目立つ。マスクをしている時期なのでどうにかなりましたが、鼻の周りに皮がついていつので鼻💩ついている人みたい(+_+)自分で鼻の下のめくれあがった皮を見て、鼻💩ついているのかとびっくりしました(笑)

ダウンタイムが短いとは言われていますが、肌が慣れていない初回、また薬剤を長くおきすぎた場合は皮剝けがおきてしまうようです。皮剝けあとはつるんとして、特に肌トラブルは残りませんでしたが、施術後にかなり痛みが残ったことを考えると、ミルクピールはピーリング剤を放置する時間を誤ると刺激が強すぎて色素沈着になるリスクがありそう。。。

ということで、ミルクピールを初めて試す日は後4日間程大事な予定のない日にすることをお勧めします。そして何より、ミルクピール塗布後、刺激が強すぎると感じた場合はすぐにピーリング剤を洗い流しましょう!