30代OLの美容&生活雑記

30代OLの美容とその他諸々に関する雑記です

地道なO脚&骨盤後傾改善②

前記事の「地味なO脚&骨盤改善①」の続きです。O脚も骨盤後傾も簡単に改善されるものではありませんが、私は地道なエクササイズ?ストレッチ?により少しO脚が改善されたと思っているので、自分がしてみたことを紹介させていただきますね。

www.ol-ricky.com

 

私が試したエクササイズは大きく分けて2つ。

  1. 太ももの外旋&骨盤の開きを改善するエクササイズ
  2. 骨盤後傾を改善するエクササイズ

先に言っておくと、「1.太ももの外旋&骨盤の開きを改善するエクササイズ」は気軽にできるものなので続きましたが「2.骨盤後傾を改善するエクササイズ」は3日坊主の私では毎日続けられませんでした。よって骨盤後傾は改善されていません;

この記事を書いたのを機に、再度チャレンジしようと思います。また変化があればご報告しますね!

太ももの外旋&骨盤の開きについて

  私のO脚の根本の原因は骨盤後傾ですが、骨盤後傾を直し太ももの外旋&骨盤が開きやすい姿勢を直していくのと同時に、すでに外旋してしまった太ももと開いた骨盤を正しい位置に戻していく必要もあります。

太ももが外旋しているというのは、全前記事でも紹介した画像の通り、太ももが骨盤のゆがみにつられ外に開いている状態↓

f:id:ol-ricky:20190804080745j:plain

骨盤の開きというのは、見た目で分かるものではないですが、骨盤の下の太ももの付け根=大転子の状態で判断ができるかと思います。私は今は改善されたのですが、骨盤の開きにより大転子も外に出っ張っていました。下の画像の通り、大転子は太ももの付け根にある骨。この骨が外に開くと太ももも外旋します。

 

f:id:ol-ricky:20190804133925p:plain

画像は Beauty wiseより引用

 

なので、私はエクササイズをする時、太ももを意識するというより、その付け根である大転子、またその上にある骨盤の動きを意識していました。

「骨盤の開きを直す」、「大転子を引っ込める」 エクササイズはインターネットで探すと多数出てきますが、私が選んでやっていたのは・・・寝転んだ状態でもできるエクササイズ!

怠慢な自分でもベッドに寝転び、寝る前に少しやるだけなら毎日続けられるだろうと思って!これが大正解◎いつもの通りベッドに寝転びちょろっとやるだけなので、半年以上続けられています。

 

具体的なエクササイズは動画などで見た方が分かりやすいのでしょうが、動画は載せられなかったので画像でご紹介しますね。You tubeで「骨盤の開きを治す」と検索すると似たようなエクササイズが出てきます。私のは素人紹介なので、分かりにくい方は整体師さんなどがUpしている動画や説明を見ると良いと思います。

寝転んだまま◎太ももの外旋&骨盤の開きを改善するエクササイズ

 

 エクササイズその①

ベッドの寝転んだ状態(仰向け)で膝を立て、立てた膝を左右交互にぱたんぱたんと内側に倒す。(各10回)

f:id:ol-ricky:20190804142215j:image

 

これだけ。画像の通り寝る前のベッドでやっているだけ。本当に簡単で続けやすい◎

簡単ですがしっかり骨盤が内側に向くのを感じられます。 

エクササイズその②

エクササイズ①と同じようにベッドの上で膝を立て、両足を右に倒した状態から右足を左足の上に置きます。左の骨盤を矯正するようなイメージで負荷かけ、30秒キープ。

足を倒す方向を変えて、右足の上に左足を乗せ、右の骨盤を内側に寄せ30秒キープ。f:id:ol-ricky:20190804142818j:image

 

 毎日続けているのは、寝る前に簡単にできるこの2つだけ!

それでも少しは太ももの外旋と骨盤の開きが改善されたと感じています。

 

ただし、せっかくこのエクササイズで太ももの外旋と骨盤の開きが改善されても、骨盤後傾を直さなけれ太ももが外旋し骨盤が開く姿勢は改善されません。ということで、今後は一度挫折した「1.骨盤後傾を改善するエクササイズ」もしっかりやっていきたいと思います。

具体的にどんなエクササイズかというと、これは私の自撮り画像では説明できないので私が参考にしているサイトのリンクだけ貼っておきます笑

start-diet.com

この美Wiseというサイト。ダイエットや姿勢改善に役立つ記事が豊富で、おススメです!